2012年03月14日

製作者のページー564

先日の日曜日は大震災からまる一年の日で多くのメディアがこのことを取り上げていた。

1年前のこの日私が何をしていたのかはこのページにも記していたので読み返せば分かることだが、別の方法でもわかるようになっていた。

それは農業日誌に記していたからである。師匠からことあるごとに農業をやるのなら日記をつけろと言われていた。しかし私は日記をつけることが子供の頃から大きらいで小学生の時には夏休みの終わりの8月31日に1ヵ月分の日記をまとめて書いていた記憶しかない。

しかし農業を続けるうちに日誌をつけた方が後々何かと便利だと思うようになり約1年以上前から農業日記をつけるようになった。

と言っても毎日書くのが面倒なので3〜4日分とか1週間分をまとめて書くことが多いのだが3〜4日分ならともかく1週間分は非常に困難がともなう。

昔から記憶力はよい方ではないが最近は特に悪くなっている。昨日のことならともかくそれ以上前のことを思い出すのは苦痛を伴う始末である。

ただ不思議なことに商売に関することは比較的記憶に残っている。長年の習性で脳が訓練されているのだろう。物忘れに起因するクレームが発生することがほとんどないのは幸いなことである。

ところで昨年の3月11日には何をしていたかを日記で見てみると午前中にホームセンターでビニールのトンネルシートとアーチを購入し午後からとうもろこしにトンネルシートを張っている最中に地震に遭遇したことになっている。

天気は晴れとなっているがそんなに天気がよかったと言う記憶がない。午後2時46分と言う時間はこの時期では夕方に近いのであまり暖かく感じなかったのだろう。

そして今年の3月11日は何をしていたかというとやはりとうもろこしのトンネル張りである。去年より若干農作業は早めに推移していることが農業日誌を読み返すことにより判別できる。

日記を書くのは面倒だが、資料としては重宝なものでこれからも書き続けなければと決意を新たにしている。


posted by メイン通商 at 17:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。